海外製品は大きいというイメージを勝手に持っていた私の失敗

海外の製品は、どれも日本よりも大きいイメージがあります。
実際に日本で海外の製品を試着すると、普段Mサイズの私がXSを着れるくらいなので、その認識は間違っていないとは思うのですが、その認識のせいで失敗してしまいました。
義姉は、毎年ハワイに行くと決めている人なので、今年も春にハワイに行っていましたが、今回は私に子供が生まれたので、現地の服を買ってくるね!と宣言していました。
帰ってきてから宣言通りに夏服を4枚いただきましたが、パイナップルやイチゴなどの柄が入っていて、カラフルでどれも可愛い。
とっても可愛かったのですが、どれもかぶりなので、中々腰が座らない娘には少々着せるのが大変。6ヶ月と書いてあるし、ハワイの服だからきっと大きいし、着せるのはまだまだ先でいいかなと思っていました。
8月くらいに着せようと思っていましたが、ふと思い立ってその前に着せてみることにしたのですが、持った感じ、何となく小さい…。もらった時は感じなかったのに。
頭と肩腕を入れて、さあもう片腕!と思ったら、腕が入らない…。
どう考えても、このまま着せたら腕が折れてしまう…。
どうやらこのハワイの6ヶ月の子供服は、現在6ヶ月の娘には小さすぎました。
まだ着せた写真も撮っていないのに、非常に困った…。
てっきり、大きめだと思っていたのに。
このまま放置するわけにもいかないので、どこかを切り開いてゴムかボタンを付けるなりして、何とか着せた写真を撮るしかないなと思っています。
ミキハウス福袋